6A2FC88A-06BE-42E1-9FD6-28FEF2A61DD3

この時点では、感覚過敏は、視覚過敏や、聴覚過敏しか知りませんでした。

例えば、
視覚過敏なら、蛍光灯が刺激が強すぎて気持ちが悪くなってしまったり、聴覚過敏なら、何気ない人の会話声で辛くなってしまったり。

口内過敏の場合は、食べるものが、例えると全部アルミホイルのような食感だったり、なんとも言えない感触なんでしょう。

本当に可哀想です。

歳を重ねると、その特性が薄まる事もあるようですが、変わらず、ずっと過敏を持ったままの場合もあるようです。

リハビリや療育で改善したり、薄まるなら、ケアしてあげたいです。




ライブドアブログランキングと、新着エントリーを、非表示にさせていただきました。