自閉症児ももの子育て実記

3歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

不安

4111A4C6-09EE-4E1B-91D2-DB146EBBC2E4それはもう、逃げたかったです。
将来の不安、一生話せないかもしれない不安、育て方もわからない不安。
不安と罪悪感に、押しつぶされてしまいそうでした。

でも、思い出しました。
子供を作ろうと決めた時、どんな病気、障害、ハンデがあっても、絶対ケアしてあげようと。
ちゃんと育ててあげようと覚悟した事を。

それでも、 辛いものは辛かったですけどね。
療育に入るまでは、地獄でした。 

DED795BF-067C-41E7-9373-C0CD5B1B0FB7

児童相談所の職員の方は、丁寧に案内してくれました。

笑ってできる仕事では無いので、緊張感が漂うのは仕方ないですよね。

児童相談所まで来る人というのは、冗談抜きで、親子の命が掛かってますからね。



という事で、遂に、児童相談所の心理士さんと初対面。

第一印象は、「頼もしい」でした。

丁寧でありながら、母子に配慮していただき、安心したのを覚えています。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング


 

36D841E1-1F1A-477F-AE3E-0240C6840C38





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング


FD459DAF-0EC6-4020-A8F5-770BEF9AF51D

次回から発達検査です。
きつい経験が・・・。


↓保健師さん初登場の回はこちら




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング
 

0A27201D-F37B-4ACC-A537-A841D01D74A6
担当保健師さんが、いい人であるように祈りました。

児童福祉の担当者が、自分達に合うかというのは、本当に運だと思います。

どんなに相手の性格が良くても、療育方針などの考え方は別だからです。

私の場合、保健師さんの考えで、避けたかったパターンは、

①障害の可能性を否定して、育て方、環境のせいだと考える方。

②障害の程度が重い、もう伸びない、と決めつけて、成長するチャンスを奪う方。

③障害に対する知識がなく、必要な対処を提案できず、様子見という放置をする方。


これだけが本当に怖かったです。

②は本当に論外です。あらゆる手を使って、担当替えをお願いするレベルです。

①、③に関しては、「疑いはあるが、実は個性で健常児だった」、「発達の遅れはあるが、年齢と共に自然に追いついてきた」という場合にはいいと思いますが、発達障害児だった場合には成長するチャンスを逃すので、絶対避けたかったです。

なぜ、そんなに急いだのかは、一歳半検診の話で書いていきます。

あくまで私の考えです。ももの生活態度からの、考えです。

でも、ここまで書いといて難ですが、本当は「大丈夫よ、様子見でいいよ」という言葉を、一番望んでいました。

次回から、ついに1歳半検診です。
果たして、どんな保健師さんだったのか。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング





 

↑このページのトップヘ