自閉症児ももの子育て実記

3歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

保健師




76193B1C-41CA-4E5D-85EE-2DC6D52BBDA5
発達検査編は、今回で終了です。

過酷な思い出です。

自閉症、感覚過敏、視覚優位、二次障害。

情報が多すぎました。

でも、心理士さん、保健師さんが、いたからこそ、進んで行けたと思います。

感謝ばかりです。ありがとうございます。

集団療育、個別療育は、今後描いていきます。




↓親子教室予約




↓アロエ病院予約




↓療育とは


B139B959-671B-4C42-B52B-A17258128670




児童相談所で行ったテストは、遠城寺(えんじょうじ)式乳幼児分析的 発達検査法でした。

長いので、遠城寺式テストと省略してあります。

ももは、基本自由で、母親の問診(もんしん)で行います。

実際は、親が受けるテストなのです。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング

 

BE651E37-E714-4F84-B45A-78DE6B5A4282発語無しで、どうやって発達検査をするのか不思議でした。
テストは本人とするものだと思っていたので。



FD459DAF-0EC6-4020-A8F5-770BEF9AF51D

次回から発達検査です。
きつい経験が・・・。


↓保健師さん初登場の回はこちら




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング
 

37D33A3D-D04D-4DC2-8C4C-73787D606947





物凄く前を向いて、障害を受け入れて、次のステップへ。
もものために。もものためだ。仕方ないんだ。
この気持ちも本当でした。

でも、本当は、私が一番「障害を否定していた」のでした。
そんな事を考えているのに、労われる事が、とても心苦しかったです。

次に進もうとする気持ちと、障害を否定したい気持ちは、かなりのの矛盾ですよね。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング



 

↑このページのトップヘ