自閉症児ももの子育て実記

3歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

保育士

0CCC1B4E-FABE-449D-BF6A-6ACA60357C27子育て支援センターに来た時は、「入園考えていますか?」とか、「もも君っていうの。可愛いね。」、「最後に、おやつもあるからゆっくりしていってね」とフレンドリーでしたが、ドアの開閉を見てからは一転しました。

あからさまに避けられるし、「帰りますよね?」みたいに、圧をかけられて追い出されてしまいました。
保育士さんの顔は笑っていましたが、鬼のようでした。

入園して欲しくないという気持ちが、とても伝わってきました。
痛いほど伝わりました。
大丈夫です。選択肢に入れません。

親子ヨガなんて、とてもできませんでした。

ちなみに、2歳半の現在はドアの開閉はしていません。
特性もかなり落ち着いてきましたが、その話はまた後日。

このような保育士さんばかりではありません。
とても素敵な保育士さんもいますので、勘違いされないようお願いします。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング
 

7BE347AA-8C99-4421-A719-9112C3C04932

68C4CEB7-CD18-4188-BC00-08212549872Fにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


発達障がい児育児ランキング


自閉症児育児ランキング


FC372D7E-CE58-413E-BF3D-79136084EC8D




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング

67C2C322-58D8-4DBC-ADE6-8B72389BF93A




幼稚園、保育園は義務教育ではありませんし、それこそ療育園も、義務教育ではありません。
つまり、全ては親の判断。
行くも行かないも、全て親が決めなくてはならないのが、本当に大変です。
やらずに後悔するのは嫌なので、苦しくても、険しい道でも、色々模索しています。
もちろん療育園も探しています。

ももにとって、最良のルートを選びたいです。

そして、義務教育になれば、特別支援学級、特別支援学校と、いよいよ明確に分かれてくると思うのです。
保育士さんが言いたかった事は、
未就学の時期は、健常児と一緒に生活ができる、最後の機会。

本当に衝撃的でした。
そうかとしみじみ思いました。

受け入れてくれるという言葉は、本当にありがたい事でしたし、母親である私の気持ちを察してくれたのだとも思います。
でも、厳しいしつけは、ももには難しく、合わないと感じ、辞退するのでした。

障害児だからこそ、きちんと選ばないと、逆に迷惑をかけてしまいますしね。

保育士さんは、始終怖い感じですが、とても真剣に考えてくれました。


発達障がい児育児ランキング


自閉症児育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
 

↑このページのトップヘ