自閉症児ももの子育て実記

3歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

児童発達支援施設

589224B4-F96F-4D4A-8D6C-055ECCCAC296


「キャラもの」とはいわゆる「キャラクターもの」の事で、ポケモンとか、仮面ライダーとか、プリキュアとか、そういうキャラクターが入っているものの事です。

服でも、コップでも、歯ブラシでも、靴でも、「キャラもの」は全て使用禁止でした。

でも、普通の幼稚園とか、保育園でも、絶対手作りでないとダメとか、キャラもの禁止とかあると思うので、そこまで衝撃はありませんでした。

逆に物凄く嫌だと感じたのは、お弁当の中身チェックのルールでした。

ももは偏食が酷かったので。


77B5758E-FE2F-4F56-97E5-132F4DAC9097

※セリフをわかりやすく訂正しました

「みんなルールを守る」
ここで、一切の例外が認めらない事に気が付きます。
障害の程度や、年齢によって、臨機応変に・・・、というのが一切無かったのです。
 

AC814420-9DCD-4E7D-AFE5-7ECF498EADB1
この児童発達支援施設は、私が見学に行った中で、断トツで厳しい施設でしたね。
守るべきルールが多い。
しかも、何がなんでも遵守せよ!という感じで(^^;)
こんな厳しい施設はなかったですね。

母子通園ではなくて、母子分離で、幼稚園のような児発です。
9:00−15:00預かってくれて、療育してくれるそうでした。

まだまだ続く。


68BD6CFC-9B72-4D2C-A070-33D9EB02EBEDご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
体調も戻ってきたので、ぼちぼち再開していきます。

最初の児童発達検査施設の見学の話です。
なんだか、怖い感じに書いていますが、主観が入っています。
この児発が悪いとか、おかしいとか、そういう事を描きたいのではなくて、「こんな教育方針の違いがあったよ、ももとブログ主とは合わないよね、」という事を描いていきます。

厳しいと感じる人もいれば、それくらいしてもらいたい、という考えの人もいて、やっぱり教育、療育は難しいです。
しかもやってみないと分からない。
難しいですね。





 

3177DE66-4FF8-4273-9411-2AD7E18CCB62




今まで、何度も助けて欲しいと思いながらも、児童発達支援施設に電話できなかったのは

「療育に行ったら、いよいよ障害児になってしまう」
「差別や偏見を覚悟しなくてはならない」
「今後の進路が制限されてしまうかもしれない」
「そもそも、障害児なのか?という疑心暗鬼」
「良い指導員がいるのか?という不安」
「新しい事への億劫」
「勇気がでない」
「そもそも何するところなの?という謎」

が、あったからです。
発達に問題があるから行くのに、行ったら障害児になるという考え方は、逆ですよね(汗)

それに、療育は、個性や、良いところを伸ばすものなのです。


そうであっても、、、いくらネットで療育の良さ、素晴らしさを説かれても、実際行かなきゃ分からないものでしたね。
私自身が、療育に偏見を持っていたという事ですね。


ですが!

どんなに療育が素晴らしく、伸びる可能性があったとしても、
私は療育を強制したり、無理に諭すのは反対です。
お母さんやお父さんが、心理的段階を経て、行きたいor必要だと思った場合のみ、行くのがベストだと思います。
そして、当然、児童発達支援施設に「行かない」という選択もあると思います。
その子の、特性や個性から、普通の幼稚園、保育園で良いという場合もあると思うのです。

ですから、今後色々な事を描きますが、信じ過ぎないでください。
発達障害は、本当に一人一人違うので、我が子には有効でも、他の子は無意味だとか、普通にあります。

同じ自閉症でも、視覚優位で聴覚劣位な子と、聴覚優位で視覚劣位な子では、全く効果が違ったりするのです。


ももは下記の記事通り視覚優位です。



それに、私の偏見や主観なども入ってきます。


本当に話し半分で読んでください。

ただ一つ言えることは、これから先に描くこと、今まで描いてきた事は、全て事実です。
団体名や、個人名は実際にあるものと無関係ですし、相手の性別を反転させたり、多少のフェイクは入れてあります。







↑このページのトップヘ