自閉症児ももの子育て実記

2歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

臨床心理士

BCC44F5A-573D-4B93-9D30-5DA83A44FA25

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング

CD123DB6-27A7-493A-97C4-CA371F0209AA2歳8ヶ月になりましたが、手を繋ぐ事が苦手です。

ももが手を繋ぐ事ができないのは、指先〜手首までに、「感覚過敏」があったからでした。

触られるのが物凄く不快なのでしょう。



でんぷんのり、シールなども、苦手です。

でんぷんのりは、ヘラで塗ったりする事ができるようになり、ももなりに、工夫しています。

シールは手につくと、ぶんぶん手を回して嫌がります。


脳機能の障害なので、根気よくリハビリを続けるしかないですね。

それでも焦ってしまいます。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング


 

6A2FC88A-06BE-42E1-9FD6-28FEF2A61DD3

この時点では、感覚過敏は、視覚過敏や、聴覚過敏しか知りませんでした。

例えば、
視覚過敏なら、蛍光灯が刺激が強すぎて気持ちが悪くなってしまったり、聴覚過敏なら、何気ない人の会話声で辛くなってしまったり。

口内過敏の場合は、食べるものが、例えると全部アルミホイルのような食感だったり、なんとも言えない感触なんでしょう。

本当に可哀想です。

歳を重ねると、その特性が薄まる事もあるようですが、変わらず、ずっと過敏を持ったままの場合もあるようです。

リハビリや療育で改善したり、薄まるなら、ケアしてあげたいです。




ライブドアブログランキングと、新着エントリーを、非表示にさせていただきました。


7D18F7D5-376F-4E14-932C-52AEBD074189心理士さんのおかげで、ようやく感覚過敏にたどり着きます。
1歳2ヶ月から困っていたので、知るまでに5ヶ月かかりました。



D7F3A763-2F1A-465A-B689-6392E3272D37
これが、遠城寺式テストです。
親の問診で、現在の発達進度をグラフ化し、視覚的に、どこが劣っているのか、どこが過度なのか、確認が出来ます。

本人ではなく、検査人(心理士)と親が行います。

3回受けましたが、心理士さんによって、かなり雰囲気が違います。
初回の今回は、かなり丁寧に行われました。

心理士さんの性格もあると思います。
 

↑このページのトップヘ