自閉症児ももの子育て実記

3歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

自閉症スペクトラム

77B5758E-FE2F-4F56-97E5-132F4DAC9097

※セリフをわかりやすく訂正しました

「みんなルールを守る」
ここで、一切の例外が認めらない事に気が付きます。
障害の程度や、年齢によって、臨機応変に・・・、というのが一切無かったのです。
 

68BD6CFC-9B72-4D2C-A070-33D9EB02EBEDご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
体調も戻ってきたので、ぼちぼち再開していきます。

最初の児童発達検査施設の見学の話です。
なんだか、怖い感じに書いていますが、主観が入っています。
この児発が悪いとか、おかしいとか、そういう事を描きたいのではなくて、「こんな教育方針の違いがあったよ、ももとブログ主とは合わないよね、」という事を描いていきます。

厳しいと感じる人もいれば、それくらいしてもらいたい、という考えの人もいて、やっぱり教育、療育は難しいです。
しかもやってみないと分からない。
難しいですね。





 

03B7806A-0C85-4433-AEDB-BBD31C40436C


お久しぶりです。
亀更新で申し訳ありません。

療育を一つ増やしたので、新しい環境に慣れるのが大変でして(汗)

ゆっくり更新していきます。



 

3DAEC771-358D-4A0D-AF4B-156B55E0F926テストができた!
うちの子は発達障害じゃないかもしれない!

なんて、この時は、一瞬思ってしまいました。

ももが、言葉が出れば、、、、言葉を理解してくれたらっ、、、!
集団行動ができれば。
子供に興味を持つようになれば。
偏食がなくなれば。
自傷行為がなくなれば。
こだわりがなくなれば。
常同行動が減れば。
クレーン現象をしなければ。
つま先歩きを止めれば。
多動が落ち着けば。

うちの子は健常児になれるかもしれない。。。

と、何度思った事か。

分かっていても、一瞬期待してしまうものですね。

地獄はこれからです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング
 

7D01D86E-3BB5-405D-BDDF-2DDD3768A91A


楽しみにしていたオヤツも、椅子に座れず、食べる事ができませんでした。

これは、発達障害の中の自閉症というより、発達障害の中の、注意欠陥多動性障害(ちゅういけっかんたどうせいしょうがい)/注意欠如多動性障害(ちゅういけつじょたどうせいしょうがい)、いわゆる 「ADHD」の方の特性なのかなとも思いました。

多動(たどう)と省略されたりします。

発達障害は、「自閉症という障害が1つだけある」という場合もありますが、「ADHDと自閉症の2つの障害を持っていたり」、その他、知的障害、コミュニケーション障害、運動障害、学習障害など、様々な障害が絡んでいる場合もあります。

発達障害は、一つだけじゃない場合もあるのです。


ちなみに、片栗粉はももにとって、最悪の遊び道具でした。
これは自閉スペクトラム症の「ある特性」によるものなのですが、詳細はだんだんと描いていきます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング

 

↑このページのトップヘ