自閉症児ももの子育て実記

3歳の自閉症の息子を育てています。 綺麗事で終わらない毎日を、記録していきたいです。 主体は母親である私です。

1歳半

58F9AEA0-6D42-4ED4-9E5F-FFC0C251B9DD少しずつ、少しずつ。。。

7E44D350-25A2-48D7-9AF6-7CE952E0543A

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング

97AEB285-D41E-4C39-88E3-5D99D1A58FB9






「早期発見、早期療育(りょういく)。」

ネットでは、発達の遅れのある子や、発達障害児に向けて、溢れかえったこの言葉ですが、
療育探しは、とても大変です。


療育(りょういく)とは


次回でも療育とは何かに触れたいと思います。



※今後、療育の良いところ、素晴らしいところ、もちろん悪いところも書きますが、療育を強制するものではありません。

お母さんが信じる道、悩んで出した結果が、その時の一番ベストな選択です。

私の意見に惑わされず、お母さんが選んだ道を、進んでくださるようお願いします。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング






 

F4939051-1EEC-4400-91D2-265A7D12256B




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング


発達障がい児育児ランキング







BF31A803-26BB-415F-9872-C53D9C2830C2
クレーン現象とは、以下「肥後医育振興会のHP」より引用です。

「クレーン現象とは、子どもが何かをしてほしいときに、相手の手を引っ張ってその何かを達成しようとする動作のことです。


 自閉症の子どもの多くにはこの動作が認められます。自閉症の子どもは、何かをしてほしいとき、してほしい相手より「もの」に関心が強いため、相手の気持ちに構わずに要求を満たそうとすることがあるためだと考えられます。

 しかし、通常の発達過程の子どもにもクレーン現象が現れることがあります。1歳前後で言葉を使って要求を伝えることができない子どもは、さまざまな方法で、してほしいことを伝えようとします。その方法の一つとして、クレーン現象が認められます。」


こちらのサイトより引用


現在も、たまにクレーン現象が出ます。
リモコンとか、ジュースのストローを開けられない時とか。
追い詰められると多い気がします。
ですが、療育のおかげでだいぶ減ってきました。

引用文にもありますが、健常児もクレーン現象が起ります。
親の手を使って何かしたからと言って、すなわち自閉症という訳ではありません。
心配し過ぎないよう、お気をつけください。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


発達障がい児育児ランキング


自閉症児育児ランキング









 

↑このページのトップヘ